企業が成長するために必要なこと

労働は、平等だ

働く男性

みんなが何かをしている中で、ひとり手持ち無沙汰にぼんやりしているのは、まわりが思うよりもツラいものだ。
「ラクだろうなあ」と周りは思うだろうし、実際、手持ち無沙汰にぼんやりしているだけなのだから、体力を奪われることもないし頭を疲労させることもない。
そういう意味では、「ラク」だろう。しかし、そんなラクが何だというのか。しばしば、人は充実感のない暇な時間と忙しくても充実している時間なら、後者のほうが健康であると言われる。
確かに忙しく働けば体力は失われる。お腹も減るし目は疲れる。しかし、精神的には「働いている」ということが大いなる支えになってくれて、清々しいのである。
そういう意味で働くということは尊く、障害者雇用には意義がある。

障害者雇用というのは、何を置いても労働の場をすべての人に平等に与えたことに意味がある。その名の通り障害を持っている人にも労働の機会を与えようというのが障害者雇用であり、現在では法律でもその基本的なことが決まっている。

だからと言って、障害者雇用は障害者のみのためにあるのではないことは理解しておきたい。つまり、この取り組みを進めることは、それを行う会社のためにもなるのである。

ピックアップ

健全な企業を作る

健全な企業

例えば劣悪な労働環境の中では、健常者や障害者と分けて考えるまでもなく、仕事が捗らないのは当然である。障害者雇用を行うことによって、企業は自社の環境を改善させることが出来るようになる。

詳細を確認する

社会的責任について

企業が持つ責任

人は、どんな人でもある社会に属している。日本に住んでいる人は、日本社会に属する。障害者雇用は、さまざまな人がその社会的責任を果たすことが出来るという点がメリットのひとつである。

詳細を確認する

社内教育について

社員研修

障害者雇用の場合、問題になるのは障害を持っている人に仕事を覚えてもらうこと。社内教育を行うことである。それには時間が掛かるという面はあるものの、上手くいけば大きな戦力を獲得することが出来る。

詳細を確認する

助成金のこと

支援されるお金

障害者雇用を行う会社には、行政からの助成金が出る。そのお金を使って障害者の人たちが仕事につけるように訓練し、力をつけてもらって、働いてもらうことが出来るのである。

詳細を確認する

Copyright(c) 2014 「働く」が平等の社会へ:企業による障害者雇用について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com